独自ドメインを取得する

独自ドメインを持てばサービスが変わってもURLをそのままにできる

レンタルブログなどを利用すると自分専用のURLが付与されます。しかし、このURLはあくまでもそのサービスを利用する場合に限って有効なものであり、たとえば、別の会社のレンタルブログに移るとなった場合は使えません。したがって、元のURLにリンクしてもらっていると、それはすべて無駄になってしまうのです。
では、そういったことを防ぐためにはどうすればいいのかというと、独自ドメインを取得しましょう。独自ドメインを持っていると、「このドメインにアクセスがあったら、このサーバーにつないでほしい」という設定を自分でコントロールできるため、利用サービスが変わってもURLを変更せずに済むのです。レンタルブログでも有料プランなどで独自ドメインを使うことが可能ですし、また、自分でレンタルサーバーを借りてブログを運用する場合ももちろん使えます。

ドメインを利用し続けるためにはお金が必要

独自ドメインの取得方法はいくつかありますが、もっとも基本的なものはレンタルサーバー会社などを通じてお金を払って取得するというものです。ドメインの文字列はすべて自分で決められますが、どんなものでもいいというわけではありません。既に所有者がいる文字列のドメインは取得できないのです。また、一文字だけのドメインなど、最初から誰も取得できないドメインも存在しますので注意しましょう。
ドメインは一度取得したら契約者のものというわけではなく、使い続けるならずっと契約料を支払わないといけません。そのことを知らず、契約を切らしてしまってドメインが失効するケースも少なくないので気をつけましょう。ドメイン失効を防ぐためには、クレジットカード番号を登録して自動決済にするという方法があります。

HP作成はお金を払ってプロに頼まなくても、無料で開設できるサイトがあります。時間の余裕があってお金を節約したい人は、自分の手でオリジナルのHPを作ってみましょう。

© Copyright Professional Homepage Design. All Rights Reserved.